皮むけしている皮膚は積極的に剥がすべき?

積極的にめくらないほうがいい

皮むけすると白くペロンと浮き上がるのが目立ちますよね。特に顔はなんか気になってめくりたくなってきませんか?

それって肌にとってどうなんだろう??

と不安にかられながらペリペリめくっていないでしょうか?

結論は、まあめくらないほうがいいでしょう、ということです。

結局一度乾いてめくれた角質は元に戻りません。細胞間脂質を与えれば接着剤となって落ち着きますが、どのみち角質というのは絶対に剥がれるものなのでこだわっても仕方がありません。

皮むけ肌症状というのは、角質の落ち方が異常なだけで、目に見えて落ちるかどうかの違いだけです。健康で綺麗な肌の人でも、毎日角質は落ちています。ただ皮むけ肌みたいに目に見えて落ちていない、その様子が肉眼では分からないだけです。

ただ、健康肌より速いペースで角質がめくれ落ちるため、肌が薄くなって肌荒れしたり化粧品負けしやすい肌になります。あと紫外線にも弱くなります。

つまりむけている皮というのは、それだけ大事なバリア機能だということ。それを積極的に自らペリペリめくるのはあまり良くないでしょうということです。

どうせめくれ落ちるのが確定しているものならめくっても大差ないのですが、自分でめくるときに、まだくっついている部分を無理矢理に剥がすことになります。極端なことを言うと、怪我して治りかけの部分の薄皮を自分で剥がすようなものです。積極的に肌を弱い状態にして外部からの刺激にさらしていると考えればどうでしょうか。

やはり角質というのは洗顔時などに自然に知らない間にめくれるのが一番なんです。そういった微弱な刺激でめくれるというのなら害はありませんが、手で積極的にめくるのは、肌を爪でガリガリひっかくのと同じようなことになりかねませんね。

見た目が気になるときは?

皮むけしていて粉吹いたみたいになっているのが気になるなら、ワセリンを極々微量、薄く伸ばしてやると落ち着きます。ワセリンは粘度が高く、無害なので皮むけにも安心です。

あとは夜のスキンケアで細胞間脂質を増やすケアをすること。まだ若い人ならワセリンを塗ってぐっすり寝ればだいたい改善します。それでもという人は、なるべく余計な成分が入っていない肌に優しいセラミド保湿化粧品を使ってみるのがおすすめ。

細胞間脂質が戻れば、角質細胞に水分を与え続けることができるので、肌細胞の安定を招くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. トップページ
  2. 皮むけしている皮膚は積極的に剥がすべき?