ヒアルロン酸で顔の乾燥皮むけはくっつく?

低分子ヒアルロン酸と皮むけお肌の相性

保湿成分の定番!ヒアルロン酸!!

これで皮むけは落ち着くのか?

というと、使い方を誤らなければ皮むけお肌の接着剤になってくれます。ただ直接の接着剤にはならないので、いきなり皮むけ症状が治まることはないでしょう。

ヒアルロン酸には低分子と高分子がありますが、保湿として優れているのは後者の高分子!低分子のほうが角質層の奥に浸透するので良さそうなのですが、セラミドと違ってそこで馴染んで長くとどまるわけではありません。またセラミドより角質層奥には届きにくいので浸透力も落ちます。

なので低分子ヒアルロン酸は水分を肌に与えてくれるものの、皮むけお肌の安定剤としてはいまいち。水分を与えれば皮むけ症状は確かに収まりますが、大事なのは細胞間脂質のほう。これがあれば水分なんて勝手に集まってくるので、何もわざわざ水分を与えることに頑張らなくっていいんです。

ただ低分子ヒアルロン酸の気持ちよさは確かに捨てがたいです(笑)

あれ本当に肌に水分が満ちたような感じになるんです。だからこれを使うなら気持ちよさ重視で、セラミドと組み合わせて使うのがいいと思いますね。

高分子ヒアルロン酸と皮むけお肌の相性

逆に角質層に浸透しない高分子ヒアルロン酸。皮むけお肌にはこっちのほうが向いています。

普通なんでも浸透したほうが肌に良さそうなイメージがありますが、浸透して意味があるのは細胞間脂質となるセラミドだけだと思ったほうがいいですね。それくらい肌に何かを浸透させるのって本来は異常な行為なんですよ。

高分子ヒアルロン酸はその点で安心。肌表面にすごい水分のある膜を作って、肌内部から蒸発しようとする水分が逃げないようにブロック!これで肌細胞に水分が保たれるので、肌のターンオーバーが順調に機能します。

ターンオーバーが順調に機能すると細胞間脂質の量が増えるので、皮むけしてお互いが剥がれてしまう角質細胞の接着剤となります。

だからこれっていわゆるワセリンと同じ効果。でもワセリンより使い心地は気持ちいいので高分子ヒアルロン酸のほうが使いやすいですね。肌触りもこっちのほうが良くなります。

ヒアルロン酸も使い分けが必要ということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. トップページ
  2. ヒアルロン酸で顔の乾燥皮むけはくっつく?